飽き性の頭の中

今は福岡でWeb開発をしている26歳。単なる文字の記録。

【写真現像ソフト】Skylum SoftwareのLuminar 4ではなくAdobeのLightroomを選んだ理由

f:id:tawachan39:20200321212454j:plain

こんにちは、たわです。この前カメラを新調し、久しぶりに写真をまた撮り始めたので現像ソフトも手に入れる必要がありました。

最近流行りでいろんなYouTuberさんが使ってみている「Luminar 4」も体験版で試して使ってみたりはしたのですが、結局昔も使っていた「Lightroom」に落ち着きました。その判断に至った理由をメモしておこうと思います。

こんな人の参考になれば嬉しいです。

  • Luminar 4が気になっている
  • LightroomとLuminar 4で悩んでいる
  • 写真現像ソフト何にしようか考えている
  • Luminar 4とは

    Luminar 4はSkylum Softwareの写真現像ソフトです。売りのポイントとしてはAIを活用した写真編集技術で、自動でかなりいい感じに編集してくれるのがとても便利なソフトウェアです。

    詳細は、いろんな人が発信しているのでそちらを参考にしてみてください!

    www.youtube.com

    Luminar 4 | Skylum Software社製 Mac/Windows用|ダウンロード版

    Luminar 4 | Skylum Software社製 Mac/Windows用|ダウンロード版

    • 発売日: 2019/11/13
    • メディア: Software Download

    Luminar 4の良かったところ

    Luminar 4は体験版を使ってみて本当によかったです。AIがいい感じにしてくれる写真編集の質もかなりよく、雑にいい感じの写真に仕上げたいときにはもってこいでした。

    素人が適当に写真を撮って楽しんでいるくらいなので、本当に丁度いい機能に感じていました。ソフトウェアの出せるクオリティとしては申し分ないものでした。

    さらにLightroomが月額課金なのに対して、Luminar 4が1万円ほどで買い切りなので長期的に運用していくにはかなりリーズナブルなのも魅力的でした。

    でもLightroomを選んだ理由

    Luminar 4もとてもいいソフトだったのですが、それでも結局Lightroomにしてしまった理由をまとめていきます。

    Luminar 4は動作が重い

    できあがる写真の質はとてもよいのですが、全体的に動作が重いのが辛かったです。もちろんマシンスペックにもよるでしょうが、そんなに悪くはないMacbookを使っているはずなのに結構もっさりしました。

    f:id:tawachan39:20200321210823j:plain
    CPUはi5でメモリは16GB

    なので、メモリを増やしたりGPUを良いのを使うなど、グラフィックに強いマシン構成を心がけていない限りさくさくとは行かないのではと思いました。

    具体的に一番気になったのは、

    • 写真を表示するだけで数秒待つ

    ことです。

    Luminar 4では何もしなくても基礎的な調整として補正をかけてくれているようで、その処理のおかげで単に写真を表示するだけでも数秒編集を始められるまで待つことになります。

    しかもそれは既に表示済み・編集済みのものでも、一度別の写真の編集に移って戻ってきても待たされるのです...。なのでサササッと写真を確認していくことは事実上不可能でした...。

    同じマシンでもLightroomは気になることなくサクサク編集できるので、やはりLuminar 4はよりマシンスペックが必要なソフトウェアだと思います。

    Luminar 4は写真の管理はしてくれない

    あくまで指定したフォルダに含まれる写真を表示して編集するソフトウェアです。LightroomはインポートするとLightroom用のフォルダに勝手に配置して整理してくれますが、それはありません。しかもクラウドストレージにも勝手に同期されていくのでこのあたりはもう意識せずにいい感じにしてくれます。

    もちろんLuminar 4も使うフォルダを決めてそこに入れていくようにすれば、同じようにすることはできます。

    しかし、同じフォルダに写真をどんどん増やしてしまうと、その分動作がより重くなってしまうので実用に足る運用方法ではなさそうでした...。

    そうすると結局、編集したい写真だけを入れたフォルダを新たに作って、それをLuminar 4で開くという手間が生まれてしまいます。

    LightroomはスマホやiPadでも編集できる

    あとはLuminar 4はPCでしか使えませんが、LightroomであればスマホやiPadでも使うことができます。

    しかもクラウドストレージで動悸すれば、シームレスに同じ写真をどこからでも編集できるようになるので、ここは大きな違いとして魅力的でした。

    やはりLuminar 4は手軽にAIで補正ができるといっても必ずPCが必要なので、スマホでささっとという手軽さは逆にLightroomのほうが強いとも言えます。

    まとめ

    Luminar 4はかなりいいソフトなのですが、処理が重いのだけが懸念点でした。僕がGPUも積んだ強いマシンを持っていれば選んだかもしれませんが、そうではなかったので今回はLightroomにしました。

    買い切りではないので長い目で見ると高くついてしまいますが、それでもクラウドストレージが使えたり活用しがいはいろいろあると思うのでちゃんと使い倒していきたいなと思いました!

    Luminar 4 | Skylum Software社製 Mac/Windows用|ダウンロード版

    Luminar 4 | Skylum Software社製 Mac/Windows用|ダウンロード版

    • 発売日: 2019/11/13
    • メディア: Software Download