飽き性の頭の中

今は福岡でWeb開発をしている26歳。単なる文字の記録。

技術メモ

Web開発中のメモを中心に書いています。開発に際して工夫したことから単にハマった基本的なことまでなんでもあります。悪しからず。

List of ERC20 token addresses and assetData from 0x API (Mainnet & Kovan)

Addresses and assetData are required to interact with ERC20 tokens on Ethereum. They are basically constants that will not be changed. However, somehow I could not find the list for that and needed to fetch data via api. Therefore, I liste…

0x APIを活用してERC20トークンの残高を取得する方法|Infura、TypeScript、Web3

こんにちは、たわです。0x APIを使用したときのメモです。 ERC20の残高を取得する 実装の流れ 0x APIでトークンの情報を取得 トークンごとに残高を取得する Infuraでアカウント作成 残高を確認したいウォレットのアドレスを確認 ABIを用意 各トークンコント…

【0x API】開発中に必要なWETH(Wrapped Ether)の入手方法

こんにちは、たわです。 今回はイーサリアム上のスマートコントラクトで分散型取引所を実現するためのプロトコルである0xを使った開発中に困ったことに対するメモです。 0x API 開発中に考えたこと 開発にWETHが必要 テストネットでWETHは得られなかった 仕…

仮想通貨取引所CoinealでのAPI制限について|5分に5注文まで

こんにちは、たわです。今回は仮想通貨取引所であるCoinealでAPIで取引をしたときのメモです。 Coineal API制限 5分に5注文まで API Keyを増やしても意味がない まとめ Coineal Coinealは2018年にできた比較的新しい取引所です。 https://www.coineal.com/#j…

仮想通貨取引所bitbankのAPI制限(直列での処理)回避方法|API Keyを複数使って並列処理

こんにちは、たわです。仮想通貨取引所であるbitbankのAPI制限についてです。 bitbank API制限について 同時発注件数は30件 APIリクエストが直列で処理される API Keyを複数使うと並列でリクエストできる まとめ bitbank bitbankは国内のメジャーな取引所の1…

【福岡開催】AWS re:Invent 2019 re:Capでのメモ

こんにちは、たわです。 AWS re:Invent 2019 re:Capというイベントが福岡で開催されたので行ってきました。 その時のメモを残しておきます。軽いメモなので網羅的でない && 間違いがあれば指摘くださると幸いです。 当日の様子は別記事で。 blog.tawachan.co…

NestJSでのモジュール分割。相互依存がつらいので細かく分けた話。

こんにちは、たわです。今回はNestJSでの開発での話です。 NestJSでのモジュール分割 相互依存がひどくなった サービス同士の依存はない コントローラーの依存が多い 新しいモジュールを追加するのがつらい コントローラーとサービスを別のモジュールにする …

NestJSでmiddlewareとguardとdecoratorを活用してcurrentUserを実装した話。

こんにちは、たわです。今回はNestJSでcurrentUserを使えるようにしてみたのでその方法について書きます。 NestJSとは 前提条件 実装方法 ミドルウェア(middleware)を作る ミドルウェアの定義 リクエストの型を拡張 ミドルウェアを反映 ガード(guard)を…

NotionがヘッドレスCMSになる!ZEIT製のNext.jsベースのテンプレートはお手軽にブログ・メディアを始められるツールになりそう

こんにちは、たわです。今回はZEITがNext.jsベースでNotionのデータをもとに静的ページを生成するテンプレートを発表したのでそのことについてです。 Excited to share our long-awaited Next.js + Notion statically-generated blog example with the same …

CodePipeline + ECRを使ってDockerイメージをElastic Beanstalkに自動デプロイできるようにした話【CI/CD】

こんにちは、たわです。AWSでElastic Beastalkでワークフローを整理したのでその時のメモです。 ゴールとしては、 GitHubで変更をプッシュしたら 自動でDockerイメージがビルドされ Amazon ECR上にプッシュされて それがElastic Beastalk上にデプロイされる …

【ブログの画像圧縮】MacのAutomatorを使って効率的に画像サイズを減らす方法

こんにちは、たわです。今回は画像圧縮のお話です。 ブログを書いていると、サイトが重くならないように画像を圧縮する人も多いと思います。ですが、いちいち画像を一枚一枚圧縮していくのも面倒。 それを効率化してみたのでそのことを書きます。Mac前提で書…

【AWS】CodeBuildでECRへDockerイメージを自動プッシュする方法を解説します

こんにちは、たわです。今回は技術メモです。 今、Kubernetesを使った環境を構築するためにまずDockerイメージが自動でビルドされてPrivate Registryにプッシュされる状態を整えています。 今回は、AWSを使うのでAWS CodeBuildとAmazon ECRを使ってDockerイ…

0x Meshの開発環境を整える方法をメモしました

0x Meshというネットワークがβ版から正式版にそろそろなるということで使ってみました。 公式ドキュメントでは明記されておらずハマったところがあったので簡単に整理してメモしておきます。 0x Meshとは 0x 0x Mesh 開発環境を整える 全体像 Ethereumのノー…

【Kubernetes】GKE上に配置したアプリケーションにHTTPSでアクセスできるようにする

今回自分のただのサイトをFirebaseからGKEに移してみました。(移す前はこの状態) blog.tawachan.com blog.tawachan.com 最近Dockerを使っていたのでプライベートでも使いたかったのと、毎回デプロイ先を考えるのが面倒だったので、GKEに上げてしまえばすべ…

Goで複数アプリケーション(メインアプリケーションとサイドカー)の開発環境を作ってみた

1つのプロジェクトで複数のGoアプリケーションをビルドするときの開発環境を自分なりに整えてみた。 手間は減ったにせよ、ホットリロードとかはできていないので、改善できそうなら教えて欲しい。 メインアプリケーションとサイドカー フォルダ構成 両アプリ…

【手順解説!】zplugとpreztoをインストールする方法をまとめました

元々oh-my-zshを使っていたのだけれど、家と職場のmacの設定を揃えるときに、せっかくならとzplugに乗り換えたのでその時のメモ。 zshをデフォルトにする 元々zshを使っていなかったマシンの場合、bashがデフォルトで使われて正常に動作しなくてちょっとハマ…

Serverless Next.jsをFirebaseに置いたときのメモ

Next.jsのv8からサーバーレス向けのビルドができるようになった。 Next.jsのビルド自体はインストラクション通りやればできるのだが、それをデプロイするときにちょっとハマったのでそれを簡単にメモしておく。 デプロイ先は使い慣れたFirebaseを使った。 自…

Expo.ioで開発したアプリをAppleに審査提出する方法

React Native(Expo.io)を使ってiOSアプリを開発して公開したので審査提出方法を簡単にまとめる。 スタンドアローンアプリをビルドする 1. Expo CLIでアカウントにログイン expo login 2. アプリをビルド app.jsonを整理 ここを参照すればよさそう。 https:…

【React Native】Expo.ioで環境変数を設定する

ExpoでReact Native開発をするときの環境変数の設定の仕方。 環境別の変数の設定 自分は以下のようにして出し分けた。 const ENVs = { dev: { // 開発環境の変数 environment: "dev", baseApiUrl: "http://localhost:3000", }, staging: { // ステージング環…

ReactとFirebase Hostingで雑に自分のサイトを作ってみた

ちょっと前にReactとFirebase Hostingで雑に自分のサイトを作ってみたのでそのことをメモしておく。 自分のサイトを作った経緯 自分のプロフィール的なページが欲しかった 自分の開発を雑に出す場所が欲しかった 作ったサイト 技術構成 React コマンド一発で…

Ruby on RailsのActive StorageをAPI モードで使うなら絶対検討すべきこと

Ruby on Rails の 5.2 から標準で入った Active Storage。 Rails 5.2 が公式リリースされる前から本番登用していたので、 使い始めてからそろそろ使用してから1年が経つ。 現在仕事で関わっているサービスでは Rails は APIサーバーとして運用しているが、 …

Reactでウェブとアプリを最速で開発する方法を模索した話

とある勉強会で話した内容を、整理してまとめてみる。 ウェブとアプリを両方いい感じに作れるクロスプラットフォーム開発を実現することができれば、 PMFをスピーディに探れるエンジニアリング組織ができると思い技術検証をしてみた。 ウェブとアプリの両方…