飽き性の頭の中

今は福岡でWeb開発をしている26歳。単なる文字の記録。

僕はようやく歴史上の偉人にも親近感が湧き思いが馳せられるようになった気がする

歴史に全く興味がなかった。全くと言っていいほどに。 過去の事実の羅列でしょというくらいにしか思っていなかった。いや、記述された段階で誰かの主観が入り客観的に事実とは厳密には異なるからどうとかいう話はとりあえず置いておく。 ここで重要なのは興…

読書メモ「『すぐ決まる組織』のつくり方 OODAマネジメント」|PDCAしか言わない人は厳しい

こんにちは、たわです。今回はこの本についてです。 「すぐ決まる組織」のつくり方――OODAマネジメント作者:入江仁之発売日: 2018/11/08メディア: 単行本 とある会社の組織体制がなんかイケてないよなぁともやもやしている時に読み漁った本です。OODAと呼ばれ…

念願の長崎名物・じゃがちゃんを食べてきました|千々石展望台

こんにちは、たわです。今回は長崎の千々石展望台(千々石観光センター)で売られているB級グルメ、じゃがちゃんについてです。 じゃがちゃんとは メニュー 食べてみた感想 とてもボリューミー 外側の衣がいい感じ もう少し甘いものだと思ってた まとめ おま…

長崎でドライブしてきました|雲仙地獄、海鮮市場 蒸し釜や、千々石展望台、ゆうゆうランド干拓の里

こんにちは、たわです。今回は長崎でのドライブの記録です。 大学時代の友達が長崎に旅行しに来ていたので、急遽福岡に住んでいる僕ともうひとりが長崎に駆けつけて遊んできました。 福岡から長崎・雲仙へ まずは雲仙地獄 蒸し釜や 蒸し釜や近くを散歩 じゃ…

『人生は選択の連続』と言うけれど。

とある日にドライブに行ったときのことです。そんなときにふと思った話を書きます。 突然ではありますが、『人生は選択の連続』と言われることがままあると思います。ちょっと胡散臭い話な感じもありますが、経済学的に考えても人間はあらゆる判断に基づき日…

どちらがいい?Skylum SoftwareのLuminar 4ではなくAdobeのLightroomを選んだ理由【写真現像ソフト】

こんにちは、たわです。この前カメラを新調し、久しぶりに写真をまた撮り始めたので現像ソフトも手に入れる必要がありました。 Canonから乗り換えてSony α7IIIを買いました【初のフルサイズ一眼】 - 飽き性の頭の中 最近流行りでいろんなYouTuberさんが使っ…

Adobe Photoshop Lightroomをフォトプランではなく単体プランで契約した理由

こんにちは、たわです。今回はこの前再契約をしたAdobe Photoshop Lightroomについてです。 こんな人の参考になれば嬉しいです。 写真現像ソフトに何を使おう悩んでいる Lightroomを契約しようか悩んでいる フォトプランにするか悩んでいる 結論としては、僕…

【開封&レビュー】サントリーのアイアンボス(IRON BOSS)を買ってみました【サントリーの新作エナジードリンク】

こんにちは、たわです。今回はサントリーから新発売されたエナジードリンクについてです。 サントリーからは試験的にZONeというエナジードリンクが発売されたばかりですが、今度は缶コーヒーのBOSSブランドでのエナジードリンクのようです。 blog.tawachan.c…

マクドナルドのモバイルオーダーがとても便利で合理的だと思った話|無駄なやり取りがなくなって効率的

こんにちは、たわです。今日はマクドナルドのモバイルオーダーを使ったときの感想をまとめておきます。 マクドナルドにはたまにいくのですが、いつの間にか福岡でもモバイルオーダーに対応していたようなので使ってみました。 マクドナルドのモバイルオーダ…

読書メモ「SPRINT 最速仕事術――あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法」

「SPRINT 最速仕事術――あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法」という本を読んだときのメモです。 SPRINT 最速仕事術――あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法作者:ジェイク・ナップ,ジョン・ゼラツキー,ブレイデン・コウィッツ発売日: 2017/04/13メ…

読書メモ「HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか」ベン・ホロウィッツ

「HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか」という本を読んだときのメモです。 HARD THINGS作者:ベン・ホロウィッツ発売日: 2015/04/17メディア: 単行本 感想 著者、ベン・ホロウィッツについて メモ CEOの心構え スタートアップのCEOは…

読書メモ「都市と自然」安藤忠雄

安藤忠雄 都市と自然作者:安藤忠雄発売日: 2011/09/17メディア: 単行本 建築とは、それ単体では存在しえないものであり、常に周囲の環境を含めて、その存在が場所にどのような作用をもたらすか、という視点で語られるべきものだと考えている (p.14) おおよ…

読書メモ「右脳思考」内田和成

「右脳思考」という本を読んだときのメモです。 右脳思考作者:内田和成発売日: 2018/12/26メディア: 単行本 人間はロジックで動かず、感情で動くのである 大半の意思決定は、ゼロイチではなく、トレードオフがある 左脳で受け取って左脳で答えるのも良くない…

読書メモ「ニュータイプの時代」山口周

こんにちは、たわです。「ニュータイプの時代」を読んだのでその時のメモを置いておきます。 ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式作者:山口 周発売日: 2019/07/04メディア: 単行本(ソフトカバー) オールドタイプがニュータイプにアップ…

平日に毎朝一喜一憂することが時間の無駄でどうにかしたいと思ったので

こんにちは、たわです。2020年3月16日の朝です。新型コロナウイルスの世界的な流行により経済情勢がどうなっていくのか雲行きが怪しい毎日です。 アメリカのFRBも金利を緊急で1%引き下げたということでいよいよ大事になりそうという雰囲気がありつつも、世界…